12月の株主優待でおすすめの人気12銘柄と個人的ランキング【12月権利確定日分】

12月は1年の終わりですね。
師走ということで、忙しくなるのでは?

個人事業主だと12月が1年の最後の1ヶ月ですが、会社となるとそれほど多いわけではありません。

でも、3月や9月と比べると決算月になっている企業も多いです。

その分だけ、株主優待の権利確定日が12月になっているところも数多くあります。

このページでは、12月に株主優待の権利確定日を迎える企業で、個人的におすすめできるところを紹介していきますね。

このページの目次

株主優待を取得する前の準備

12月の株主優待を取得しようと思ったときは、すぐに動けるように準備しておくのが大切です。

具体的には証券会社の口座をあらかじめ作っておくこと。
株主優待を取得するのであれば、できる限り株の売買手数料が安いほうがいいですよ。

SBI証券や楽天証券だと100万円以内なら手数料無料で買えるところがおすすめ。

12月のおすすめ株主優待の一覧

企業の業績ではなく、株主優待だけを見ておすすめを判断していますので、投資の際は気をつけてください。

自分がこの優待品をもらってうれしかったり、生活に役立ちそうと思うものを紹介しています。

GMOインターネット(9449)

GMOインターネットの株主優待は、かなり充実しています。
全体の中でもかなりおすすめの部類に入りますよ。

GMOのサービスで使える5,000円分の割引と、GMOクリック証券の株式手数料が最大5,000円までキャッシュバックがあります。

私も長く使い続けている優待の1つです。

GMOペパボ(3633)

GMOペパボも、GMO系のサービスを使っている方にとってはお得です。

100株以上持っていると、GMOとくとくポイントが1,500円分もらえます。

また、GMOクリック証券の株式手数料が最大1,500円までキャッシュバックがありますよ。

JT(2914)

JT株主優待の案内

JTの株主優待は、1年以上株を保有していると食品セットがもらえます。

保有株数に応じてどんどん数が多くなりますよ。

レトルトカレー・パックごはんなどのセットがあり、日常の食費を節約できますね。

また、JTは配当利回りが高いことでも知られています。

コクヨ(7984)

文房具で有名なコクヨの株主優待は、12月末に株を持っていることでもらえますよ。

ただし、500株以上持っていないと優待がもらえませんのでご注意ください。

毎年何が届くのか楽しみになる優待ですよ。

パイロットコーポレーション(7846)

コクヨと並んで文房具で有名なパイロットコーポレーションも12月末が権利確定日です。

コクヨと両方手に入れてみて、優待内容を比較するのも楽しそうですね。

USEN-NEXT HOLDINGS(9418)

動画配信サービスで有名なU-NEXTを使っている方は、ここの株主優待がめちゃくちゃお得です。

1年分の利用料と毎月1,800円分のポイントがもらえますよ。

ロイヤルホールディングス(8179)

ロイヤルホールディングス(8179) 株主優待

ロイヤルホールディングスという名前を聞いてもピンと来ないと思いますが、ロイヤルホストであれば、ご存知ではないでしょうか。

ロイヤルホストで食事するのであれば、ロイヤルホールディングスの株を持っていることで割引できるチャンスが増えますよ。

100株だと500円の割引券が1枚しかもらえませんが、1,000株になると、500円の割引券が24枚もらえます。

資金に余裕があるなら1,000株を狙ってみるのもいいですよ。

ヤマハ発動機(7272)

オートバイで有名なヤマハの株主優待は、ジュビロ磐田の観戦ペアチケットやヤマハ発動機ジュビロのラグビー観戦ペアチケットなどから選べます。

磐田の周辺に住んでいて、スポーツ観戦が好きなのであれば、もらえるとうれしい優待ですね。

日本マクドナルドホールディングス(2702)

日本マクドナルドホールディングスの優待券

身近なところでよく見かけるマクドナルドも株主優待があります。
食事券の冊子がもらえて、バーガー類・サイドメニュー・飲物がセットになっているシートが6枚もらえますよ。

株主優待があれば、マクドナルドで無料の食事ができますね。

フジオフードグループ本社(2752)

フジオフードグループ本社は、最近よく見かけるようになった「まいどおおきに食堂」を運営しています。

まいどおおきに食堂で使える株主優待券がもらえますよ。

外食でよく使うのであれば、持っていることで外食費の節約になりますね。

すかいらーくホールディングス(3197)

すかいらーく(3197)株主優待

ガストやバーミヤンなどの運営で有名なすかいらーくでも株主優待が使えます。

100株持っていれば2,000円の食事優待券がもらえますよ。

使える店舗がとても多く、一覧を見るなら以下のページが詳しいです。

ヒューリック(3003)

300株以上持っていないと優待がもらえないのですが、3,000円のカタログギフトがもらえます。

カタログギフトは、自分の欲しい物を選べるのが楽しみの一つですよね。

保有期間が3年以上になると、300株で6,000円相当のカタログギフトにグレードアップしますよ。

個人的な12月の株主優待おすすめランキング

これらの中で、個人的により欲しいと思える12月の株主優待をランキングにしてみました。
優待内容だけで見ていますので、買いやすさはほとんど考慮していません。

  1. すかいらーく
  2. 日本マクドナルドホールディングス
  3. ロイヤルホールディングス

全部食事系の株主優待を選んでみました。
どの優待も持っていることで外食費を節約できますし、お出かけするきっかけにもなって、楽しい時間を過ごせそうですね!

家族や友達・恋人とのコミュニケーションが増える点でもおすすめできると思って選んでいます。

さいごに

12月に権利確定日を迎える株主優待で、自分が欲しいと思える優待を選んでみました。

年末年始に向けて忙しくなる時期ですが、冬のボーナスを株主優待取得のためにまわして、来年の3月にたくさん優待を届けてもらうようにしてみましょう。

参考:12月20日に権利確定日を迎える株主優待の一覧
参考:12月末に権利確定日を迎える株主優待の一覧

ゆうはいのOGP画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

株主優待取得におすすめの証券会社

この記事を書いた人

株主優待と配当金のサイト「ゆうはい」の管理人です。2011年から株主優待にハマり、今まで数百回は優待をもらったと思います。2019年からは配当金生活を夢見てコツコツと株式投資も始めました。
株式会社ONWA代表。節約ブログ「ノマド的節約術」も運営。

コメント

コメントする

このページの目次
閉じる