RIZAPグループ(2928)の株主優待カタログの内容・いつ届くかをブログで解説!配当金の入金時期や権利確定日ついても紹介

ゆうはい RIZAPグループ(2928)の株主優待と配当金

RIZAPグループ【2928】の株価・配当利回り・優待利回り

株価601円
1株あたりの配当
年間優待金額2,000円
優待取得必要株数100株
優待利回り3.3%
配当利回り-
カテゴリー
カタログギフト 3月末

RIZAP(ライザップ)グループは、美容・健康事業などを手がけている企業。東京都新宿区に本社があります。

「結果にコミットする」というキャッチフレーズで脚光を浴びているボディメイク事業の「RIZAP」が有名ですよ。

インテリア雑貨の製造・小売などを行う「イデアインターナショナル」や、ファッション用品などのインターネット通販を手がける「夢展望」なども同社グループに所属しています。

このページでは、そんなRIZAPグループの株主優待や配当金について詳しく紹介していきますね。

このページの目次

RIZAPグループの株主優待内容

RIZAPグループの株主優待は、100株以上の株を保有すると株主優待ポイントがもらえます。

株主優待ポイントは、優待商品カタログにあるグループ商品やECクーポンなどと交換できますよ。

保有株数によってもらえる株主優待ポイント数が異なるので、一覧にしてまとめてみました。

保有株数株主優待ポイント数
100株2,000円相当
200株4,000円相当
400株6,000円相当
800株12,000円相当
1,600株24,000円相当
2,400株30,000円相当
4,000株36,000円相当
8,000株72,000円相当
16,000株144,000円相当
RIZAPグループの株主優待内容

100株以上の保有で2,000円相当の株主優待ポイントがもらえます。

保有株数に応じてもらえるポイントもアップしていき、最大では16,000株以上の保有で144,000円相当のポイントがもらえますよ。

株主優待ポイントの使い方

株主優待ポイントは、優待商品カタログの中から商品を選ぶときに利用できます。

RIZAPグループ(2928)の株主優待カタログ(表紙)

食料品・美容品・健康商品・ファッション雑貨など、選べる優待商品のジャンルはさまざま。

RIZAPグループ各社のオンラインショップで利用できるクーポン券もあります。

カタログ掲載商品とオンラインショップ商品をあわせると、対象商品は約1,000点以上にもなりますよ。

いろいろなジャンルの優待品があるので、選ぶ楽しみもありますね。

申込時期が遅いと人気商品は品切れになることもあるので、早めに申し込むことをおすすめします。

優待ポイントは最大3年間の積立可能

株主優待ポイントは、最大3年間の積立ができます。

毎年3月末・9月末権利確定時に継続して株主名簿に同一の株主番号で記載されると、自動的に残ったポイントが積み立てられますよ。

残ったポイントが3,000ポイントで次回発生するポイントが4,000ポイントの場合、合算して7,000ポイントになります。

100株以上の保有でも、最大6,000円相当のポイントを貯めることが可能です。

もしポイントを使い切れなくても、次回に持ち越せるのがうれしいですね。ポイントを貯めて、より豪華な優待品と引き換えることができますよ。

ポイントを使うときは、積立年数の古いものから使用されます。

ただし、株式を売却すると保有しているポイントは失効となるので注意しましょう。

権利確定日はいつ?株主優待はいつ到着する?

RIZAPグループの株主優待の権利確定日は、3月末。

優待到着は6月ごろになる予定です。

配当金履歴・入金はいつ?

RIZAPグループでは、過去に配当金が出ています。

過去の配当金履歴は以下の通り。

決算期1株あたりの年間配当金
2020年3月0円
2019年3月0円
2018年3月7.30円
2017年3月12.10円
RIZAPグループの配当金履歴

業績によってばらつきがあるため、配当金が出ない年もありますよ。

配当金履歴を見ると、ここ数年は無配が続いていますね…。

業績が悪化すると株主優待が廃止になる可能性もあるので、なんとか持ちこたえてほしいところです。

配当金の権利確定日は3月末。入金時期は6月になります。

ゆうはい RIZAPグループ(2928)の株主優待と配当金

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

株主優待取得におすすめの証券会社

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。子どもが生まれてから、時間の使い方やお金に対する向き合い方を考えるようになりました。節約ネタが好きなので、株式投資・株主優待にも興味津々。

このページの目次
閉じる