京阪ホールディングス(9045)の株主優待は京阪電車の乗車券や沿線施設を割引で利用できる優待カードなど

京阪ホールディングスは、大阪市中央区に本社を置く、旅客鉄道事業を展開している企業などを傘下に持つ、持ち株会社です。
京阪ホールディングス(9045)株主優待

このページの目次

京阪ホールディングスはどんな企業?

2006年に開業100周年を迎えた歴史ある鉄道会社で、大阪府・京都府・滋賀県に路線網を持つ「京阪電気鉄道」などをグループ企業に持つ同社。
京都と大阪を結ぶ私鉄としての機能を持ちながら、他の関西大手私鉄のように梅田やなんば、京都などの巨大ターミナル駅からの接続がありません。
さらには、突出したレジャー施設などもないほかに、関西の大手私鉄で唯一、過去にプロ野球球団を持ったことがありません。
しかしながら、関西の私鉄では唯一となる、単独路線での「複々線」の区間を採用したり、日本で初めての「3色式信号機」の採用や、通過駅のある「急行電車」を初めて採用しました。
先見性のある個性的な社風が、非常に多くの鉄道ファンの心を掴んでいるようですね。

京阪ホールディングスの株主優待の特徴と使い方

京阪ホールディングスの株主優待は、1,000株以上でもらうことができます。
優待の内容は、自社線全線通用乗車券3枚と、株主優待割引カード1枚、ひらかたパークご招待券2名分で、年に2回もらえます。
優待割引カードで利用できるサービスの詳細は、「株主優待制度」のページに記載があります。
主にレジャー系のサービスが充実しているのに、さらにこの優待割引カードとは別に、同社沿線にある遊園地「ひらかたパーク」の招待券もあります。
沿線地域にお住まいで、お子さんを持つご家庭などにとっては、ありがたい優待になるのではないでしょうか。
なお、株式合併により2018年3月からは、優待取得に必要な最低株数が変更になるのでご注意くださいね。
京阪ホールディングス(9045)株主優待

京阪ホールディングスの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末と9月末で、優待到着は6月下旬ごろと11月下旬ごろになります。
有効期限は、3月確定分で到着日~翌年1月10日まで、9月確定分で到着日~翌年7月10日までとなります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株主優待と配当金のサイト「ゆうはい」の管理人です。2011年から株主優待にハマり、今まで数百回は優待をもらったと思います。2019年からは配当金生活を夢見てコツコツと株式投資も始めました。
株式会社ONWA代表。節約ブログ「ノマド的節約術」も運営。

このページの目次
閉じる