銀座ルノアール(9853)の株主優待と配当金

銀座ルノアールは、首都圏を中心に「喫茶室ルノアール」などを展開している企業です。電源があり、ノマドワーカーにやさしいことでも有名です。

お世話になったこともあるのではないでしょうか。

このページでは、銀座ルノアールの株主優待や配当金について詳しく紹介していきますね。

このページの目次

銀座ルノアールの株主優待内容

銀座ルノアールの株主優待は、100株以上で1,000円相当の飲食券(500円×2枚)がもらえます。

以前は1,000株以上持っていないと優待がもらえなかったのですが、2013年10月より100株から優待がもらえるように変更となりました。より一般向けに投資しやすくなったと思います。

また、1,000株以上持っていると、自社製品であるオリジナルアイスコーヒーセットを合わせてもらうことができますよ。

1,000株持っているのが、利回り的には一番お得です。

保有株数株主優待券の枚数など
100株以上~500株未満2枚 (1,000円相当)
500株以上~1,000株未満10枚 (5,000円相当)
1,000株以上~20枚 (10,000円相当)
3,500円相当のオリジナルアイスコーヒーセット
銀座ルノアールの株主優待内容
銀座ルノアール(9853)株主優待券

株主優待券が使えるお店一覧

銀座ルノアールの株主優待お食事券をもらっても、どこで使えるのかがわかりにくいかと思います。

主に以下の飲食店で使えますよ。

  • 喫茶店ルノアール
  • ニューヨーカーズ・カフェ
  • カフェ・ミヤマ
  • カフェ・ルノアール
  • ミヤマ珈琲
  • 瑠之亜珈琲
  • ブレンズコーヒー

株主優待券の使い方・利用時の注意点

銀座ルノアールの株主優待券は、飲食後の会計をするときに提示して使いましょう。

ここからは、銀座ルノアールの株主優待券を使う時の注意点を3つ紹介しますね。

おつりが出ない

残念ながら、銀座ルノアールの株主優待券を利用した際におつりは出ません。

なので、株主優待券を利用する予定の金額より少し多めの会計になるように調整したほうがお得に使えます。

例えば、500円の優待券を1枚使う場合は、500円を少しオーバーする値段になるように注文すると良いでしょう。

また、楽天Edyなどの電子マネーやプリペイドカードとの併用ができないので、その点は注意してください。

有効期限は要チェック

株主優待券発行の翌年6月末日までです。
優待券は6月下旬に発送されますので、約1年間使えますよ。

よくルノアールを利用される方であれば、問題なく使いきれるでしょう。

※注意点
新型コロナウィルスの影響で株主優待券の有効期限が延長されています。
旧) 2020年6月30日まで ⇒ 新) 2021年6月30日まで

1回あたりの利用制限はなし

株主優待券によっては1,000円のお会計ごとに1枚使用ができる、などの制限がある場合があります。

しかし、銀座ルノアールの株主優待お食事券は、1回の会計で利用枚数の制限はありません。
例えば、3,000円以上の会計で6枚使用することも可能です。

使わない場合は買取してもらいましょう

銀座ルノアールの株主優待お食事券の買取価格ですが、サイトによっても大きく値段が変わってきます。

ネットの金券ショップでは優待券1枚が300円前後で取引されており、メルカリやヤフオクなどでは優待券1枚が400円前後で取引されている場合が多いですよ。

買取を希望する場合は、フリマアプリなどを活用するほうがお得な場合が多いです。

銀座ルノアールが運営しているお店を頻繁に利用される方で、株主優待券を買いたいと考えている人は多くいると思いますよ。

株主優待はいつ届くの?権利確定日はいつ?

銀座ルノアールの株主優待が届くのは、6月下旬頃となります。
また、銀座ルノアールの権利確定日は3月末です。

次回の銀座ルノアールの株主優待をもらいたい場合は、権利確定日までに銀座ルノアールの株を取得しておきましょう。

配当金履歴・入金時期について

銀座ルノアールは過去に配当金も出ています。

以下の表は、過去3年間分の配当金です。

決算期年間配当金
2020年3月14円
2019年3月14円
2018年3月14円
1株あたりの配当金

有配だった場合、6月に入金されますよ。

銀座ルノアール【9853】の株価・配当利回り・優待利回り

株価 825円
1株あたりの配当 14円
年間優待金額 1,000円
優待取得必要株数 100株
優待利回り 1.2%
配当利回り 1.7%
カテゴリー
食事券カフェ 3月末
ゆうはいのOGP画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

株主優待取得におすすめの証券会社

この記事を書いた人

1992年生まれ、埼玉県出身のWebライター。大学卒業後、損害保険会社で5年間営業として勤務。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。早稲田大学出身。

「月曜から夜ふかし」というテレビ番組がきっかけで、株主優待に興味を持ちました。最近では、自分でも少しずつ株を購入しています。

このページの目次
閉じる