ペッパーフードサービス(3053)の株主優待と配当金

ペッパーフードサービス【3053】の株価・配当利回り・優待利回り

株価374円
1株あたりの配当
年間優待金額2,000円
優待取得必要株数100株
優待利回り5.3%
配当利回り-
カテゴリー
食品食事券 6月末12月末 サラリーマン

ペッパーフードサービスは、飲食チェーン店を展開している企業。東京都墨田区に本社があります。

「いきなり!ステーキ」、「炭焼ステーキくに」、「かつき亭」、「炭焼き牛たん仙台なとり」など幅広いジャンルの飲食店を展開していますよ。

中でも「いきなり!ステーキ」は海外にも進出しており、韓国・台湾・シンガポール・中国などに店舗展開しています。

このページでは、そんなペッパーフードサービスの株主優待や配当金について詳しく紹介していきますね。

このページの目次

ペッパーフードサービスの株主優待内容や特徴

ペッパーフードサービスの株主優待は、100株以上を保有するともらえます。

受けられる優待は以下の2種類。

  • (1)株主優待券(プリペイドカード式)
  • (2)自社商品

保有株数によって優待内容が異なるので、一覧にしてまとめてみました。

保有株数優待内容
100株以上(1)1,000円分
300株以上(1)3,000円分 または
(2)1セット
1,500株以上(1)6,000円分 または
(2)2セット
3,000株以上(1)9,000円分 または
(2)3セット
ペッパーフードサービスの株主優待内容

100株以上の保有で1,000円分の株主優待券がもらえます。

さらに、300株以上の保有になると株主優待券または自社商品がもらえますよ。

自社商品の内容は、ビーフハンバーグやビーフペッパーライスなどです。

株主優待券の使い方

株主優待券はペッパーフードサービスの各店舗で使えます。

使うときは、会計時に優待券を出すだけでOK。

プリペイドカード式の優待券なので、入金額を無駄なく使えますよ。

ただし、プリペイドカードへの再入金やアプリへのチャージはできません。

有効期限は約半年間なので、期限を忘れずに使い切りたいところですね。

以前は紙製の株主優待券でおつりは出ませんでしたが、プリペイドカード式になったことで入金額を無駄なく使えるようになりました。

株主優待券が使える店舗

株主優待券が使える店舗は以下の通り。

  • いきなり!ステーキ
  • いきなり!ペッパーランチダイナー
  • かつき亭
  • Prime 42 BY NEBRASKA FARMS
  • 炭焼ステーキくに
  • 牛たん仙台「なとり」

ペッパーランチ・武蔵ハンバーグ・92s-クニズ-などでは使えません。

詳しくは、ペッパーフードサービス店舗一覧をチェックしてみてくださいね。

たいぞう

ショッピングモールに入っているお店が多いので使いやすいよ◎

ゆうこ

外食がより楽しくなりそう〜!

不要な場合はヤフオク・メルカリなどで買い取ってもらうのがおすすめ

ペッパーフードサービスの株主優待を使う機会がなければ、ヤフオク・メルカリなどで買い取ってもらいましょう。

使わないまま手元に置いておくよりは、必要な人の手に渡ったほうがムダになりませんからね。

逆に、ペッパーフードサービスの株主優待を購入したい場合も、ヤフオクやメルカリで入手できます。

メルカリだと、2,000円相当の優待券が1,800円前後で取引されていました。

自分で相場を調べたいときは、オークファンを使うと便利です。

権利確定日はいつ? 株主優待はいつ到着する?

ペッパーフードサービスの権利確定日は、6月末と12月末。

権利確定日に100株以上を保有していると、株主優待が年2回もらえますよ。

優待が到着する時期は以下の通り。

  • 6月末の株主:10月中旬〜10月下旬ごろ
  • 12月末の株主:4月下旬〜5月上旬ごろ

権利確定日から大体4ヶ月後に優待が届きます。

配当金履歴・入金はいつ?

ペッパーフードサービスでは、過去に配当金が出ています。

過去の配当金履歴は以下の通り。

決算期1株あたりの年間配当金
2020年12月0円
2019年12月15円
2018年12月30円
ペッパーフードサービスの配当金履歴

業績によってばらつきがあるため、配当金が出ない年もあります。

配当金の権利確定日は6月末と12月末。
配当金がある場合、入金時期は9月と3月になります。

はいと

配当金はどんどん下がって心配ですね…。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

株主優待取得におすすめの証券会社

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。子どもが生まれてから、時間の使い方やお金に対する向き合い方を考えるようになりました。節約ネタが好きなので、株式投資・株主優待にも興味津々。

このページの目次
閉じる