上新電機(8173)の株主優待は1株保有で年間5,000円分もらえる!いつ届くのか・お得な使い方・買取について徹底解説

上新電機は、大阪市浪速区に本社を置く、家電製品や情報通信機などの販売を事業としている企業です。

昭和23年創業で、関西ではおなじみの家電量販店「Joshin(ジョーシン)」を運営していることでよく知られています。

そして平成28年3月現在、フランチャイズ点を含めて、全国で234店舗を運営するまでに拡大していますよ。

ほかにも、音楽・映像ソフトやTVゲームなどを取り扱う「DISC-PIER」(ディスクピア)や、おもちゃ・模型の専門店の「キッズランド」といったブランド店舗も展開しています。

このページでは、そんな上新電機の株主優待について詳しく説明していきますね。

このページの目次

上新電機の株主優待内容

上新電機の株主優待券は、3月末と9月末に必要な株数を保有するともらえますよ。

3月は100株以上、9月は全株主にもらえます。
ちなみに、上新電機の株主優待券は200円割引ができるものです。

3月の株主優待内容は以下の通り。

保有株式数枚数
100株以上11枚(2,200円分)
500株以上60枚(12,000円分)
2,500株以上120枚(24,000円分)
5,000株以上180枚(36,000円分)

また、3月末だと株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載または記録された場合に追加で以下の優待がもらえますよ。

2年以上継続保有で追加特典があるイメージですね。

保有株式数枚数
500株以上30枚(6,000円分)
2,500株以上60枚(12,000円分)
5,000株以上90枚(18,000円分)
上新電機の株主優待券

9月の株主優待内容はこちらです。

  • 1株以上:5,000円分の株主優待券(200円×25枚)

▼ちなみに、以下の写真は9月末に優待を取得したときにもらったものです。

上新電機の株主優待券

100株以上、上新電機の株を保有しているだけで年間7,000円分の優待がもらえます。

また、1株だけ持っていたとしても、年間5,000円の優待がもらえるため、他の株主優待を含めたとしてもかなりお得ですよ。

株価が5,000円以内であれば、1年で購入額の元が取れてしまう、信じられないほどお得な株主優待になります。

もし1株だけ買う場合は、SBIネオモバイル証券を使うのがおすすめです。

上新電機の株主優待の特徴と使い方

取得しやすい上新電機の株主優待券、この機会に狙ってみようと思ったかもしれませんね。

でも、使い方をあらかじめ把握していないとせっかく取得しても意味がありません。

ここからは、上新電機の株主優待券の使い方を詳しく紹介していきますね。

まず知っておきたいのが、上新電機の株主優待券は税込2,000円ごとに1枚しか使えません。

つまり10%割引券として使えるということですね。
使うときはレジに行って優待券を店員さんに渡しましょう。

しっかり割引してもらえますので、残りの支払いは他の方法で済ませてくださいね。

参考:ジョーシンで安く買い物する方法
参考:ジョーシンでお得な支払い方法
参考:ジョーシンポイントの貯め方・使い方・交換方法

Joshin webショップでも株主優待券が使える

ちなみに、上新電機の株主優待券はJoshin webショップでも使えます。
その場合は、カート内のご連絡メモ欄に「株主ご優待券○枚使用」と記入しないといけません。

注文したあとに、「ご注文番号」を書いたメモを同封した上で、簡易書留で株主ご優待券を送る必要があるため、手間がかかります。

ちなみに上新電機の株主優待券は、まごころ長期修理保証・修理・部品・取付・工事・配送料・代引き手数料・リサイクル料等には使えませんので注意してくださいね。

参考:【公式】Joshin webショップでの使い方

使うことがない場合はヤフオクや金券ショップで買い取ってもらおう

上新電機の株主優待券を手に入れたのはいいけど、やっぱり使うことがない場合は、金券ショップやヤフオク・ラクマなどで買い取ってもらえないかどうか考えるのではないでしょうか。

上新電機の株主優待券は人気のため、オークファンで調査してみると相場も高くなっていました。

もし使わずに有効期限切れになってしまうのはもったいないですし、他に必要としている人が使うほうがいいですよね。

買取してもらうことすら面倒に思うのであれば、ブックサプライなどの宅配買取サービスを使うことで家から出ることなく売ることができますよ。

上新電機の株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末と9月末で、優待到着は6月と12月ごろになります。

それぞれ、ボーナス時期に届くため、家電の買い替えなどと一緒に使うことで節約できますね。

家電は高価なものが多いので、優待券を予算の足しにすれば、あこがれの家電が買えるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株主優待と配当金のサイト「ゆうはい」の管理人です。2011年から株主優待にハマり、今まで数百回は優待をもらったと思います。2019年からは配当金生活を夢見てコツコツと株式投資も始めました。
株式会社ONWA代表。節約ブログ「ノマド的節約術」も運営。

このページの目次
閉じる