MENU

トーセイ(8923)の株主優待と配当金

2020 7/18

トーセイ(8923)の株主優待と配当金について紹介していきます。

不動産事業を手掛けている企業です。

資産価値の劣化した不動産を取得してバリューアップを施した再生不動産を投資家に販売する「不動産流動化」事業を手掛けています。

このページの目次

株主優待

まずは、トーセイの株主優待から紹介していきますね。

株主優待の内容と使い方について

トーセイの株主優待は、100株以上の株を保有するともらえます。内容は以下の通りです。

株数優待内容
100株以上1,000円相当のクオカード
トーセイ(8923)の株主優待内容

100株以上持っていれば、一律で1,000円のクオカードがもらえます。株主優待で人気のクオカードですね。

クオカードは、トーセイのオリジナルデザインです。

クオカードには有効期限がないから、配当金と同じようにいつでも好きなときに使えます。

全国のコンビニや書店など、使えるお店が多くて現金と同じようなものですよ。

なお、シンガポール証券取引市場における株主には、シンガポール国内で利用できる1,000円相当額の「CapitaVoucher」という商品券がもらえるようです。

クオカードをプレゼントや買取に回す方法も

有効期限がないクオカードですが、自分で使うことがあまりなければ、持っていても意味がないですよね。

そんなときは誰かにプレゼントしてあげるとよろこばれますよ。

それか、少しでも現金化したいのであれば、金券ショップに持ち込んで買い取ってもらうのもおすすめです。規約の確認は必要ですが、フリマアプリなどで売る方法もありますね。

トーセイの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は11月末です。
優待のクオカードが到着するのは、翌年の2月ごろになります。

配当金の履歴

トーセイでは、株を保有していると配当が出ることもあります。

過去の配当履歴は以下の通り。

決算期年間配当金
2019年11月42円
2018年11月30円
2017年11月25円
トーセイ 1株あたりの配当金

2019年までは増配が続いていましたが、2020年は13円と予定されており、かなり減配になりそうです。

個人的な感想について

トーセイの配当は景気によってかなり左右される印象です。

ただ、株主優待は続いている限りクオカード1,000円分が毎年もらえるので、これはうれしいですね。

自分の場合は、クオカードをもらったら書籍代に回すと思います。自己投資みたいな感じです。

そして読み終わったらメルカリかラクマで売って少しでもお金にするでしょうね。

この記事を書いた人

株主優待と配当金のサイト「ゆうはい」の管理人です。2011年から株主優待にハマり、今まで数百回は優待をもらったと思います。2019年からは配当金生活を夢見てコツコツと株式投資も始めました。
株式会社ONWA代表。節約ブログ「ノマド的節約術」も運営。

このページの目次
閉じる