ユナイテッド&コレクティブ(3557)の株主優待と配当金

ユナイテッド&コレクティブ【3557】の株価・配当利回り・優待利回り

株価1,210円
1株あたりの配当
年間優待金額3,000円
優待取得必要株数100株
優待利回り2.5%
配当利回り-
カテゴリー
食事券 2月末8月末 サラリーマン

ユナイテッド&コレクティブは、飲食店の経営を手がける企業です。東京都港区に本社があります。

鶏料理を中心とした居酒屋の「てけてけ」、ハンバーガーカフェの「the 3rd Burger」、ゆであげ生麺の「元祖油うどん 手練れ 」といった外食ブランドを展開していますよ。

セントラルキッチン(外部工場)での加工は行わず、店内で仕込みや調理をしておいしい料理を毎日提供しているのが特徴です。

このページでは、そんなユナイテッド&コレクティブの株主優待や配当金について詳しく紹介していきますね。

このページの目次

ユナイテッド&コレクティブの株主優待内容や特徴

ユナイテッド&コレクティブの株主優待は、100株以上を保有すると株主優待食事券がもらえます。

保有株数によって優待内容が異なるので、一覧にしてまとめてみました。

保有株数優待内容
100株以上5,000円相当
300株以上15,000円相当
ユナイテッド&コレクティブの株主優待内容

100株以上の保有で5,000円相当の株主優待食事券がもらえます。

優待は年2回あるので、年間だと10,000円相当になりますね。

たいぞうのアイコン画像たいぞう

10,000円分もあれば、実質タダで食事が楽しめるよ◎

ゆうこのアイコン画像ゆうこ

外食費の節約になってうれしい〜!

株主優待食事券が使える店舗の一覧

株主優待食事券は以下の店舗で使えます。

  • てけてけ
  • 生串と生ワイン 生派 てけてけ
  • ワインのてけてけ
  • 炭火もつ焼き専門 やるじゃない!
  • 鉄板焼肉大衆食堂 なんしようと?
  • 元祖油うどん 手練れ
  • the 3rd Burger

ユナイテッド&コレクティブが運営するブランド店舗全店で使えますよ。

株主優待食事券の使い方

株主優待食事券は、自社運営の各店舗で使えます。

使うときは、会計時に食事券を出すだけでOK。
1枚1,000円分の食事券として使えますよ。

1回の会計につき、何枚でも利用できます。

券売機やセルフレジで使うときは、注文するときに店員さんへ声をかけましょう。

おつりは出ないため、額面以上の支払い時に使うことをおすすめします。

また、一部のサービス券・Webクーポン・ポイントサービスとは併用できません。ポイントアプリのクーポンのみ併用可能です。

UBER EATSなどの宅配サービスでは使えません。

有効期限は以下の通り。

基準日発送時期有効期限
2月末5月末11月30日まで
8月末11月末5月31日まで
株主優待食事券の有効期限について

有効期限は約6ヶ月あるので、期限内に使い切りたいところですね。

不要な場合はヤフオク・メルカリなどで買い取ってもらうのがおすすめ

ユナイテッド&コレクティブの株主優待を使う機会がなければ、ヤフオク・メルカリなどで買い取ってもらいましょう。

使わないまま手元に置いておくよりは、必要な人の手に渡ったほうがムダになりませんからね。

逆に、ユナイテッド&コレクティブの株主優待を購入したい場合も、ヤフオクやメルカリで入手できます。

メルカリだと、10,000円分の優待券が6,000円前後で取引されていました。

自分で相場を調べたいときは、オークファンを使うと便利です。

権利確定日はいつ? 株主優待はいつ到着する?

ユナイテッド&コレクティブの株主優待の権利確定日は、2月末と8月末です。

権利確定日に100株以上を保有していると、株主優待が年2回もらえますよ。

優待が到着する時期は以下の通り。

  • 2月末の株主:5月末ごろ
  • 8月末の株主:11月末ごろ

権利確定日から大体3ヶ月後に優待が届きます。

配当金について

ユナイテッド&コレクティブで配当金が出ているかどうかも気になるところですね。

ただ、残念ですがここ数年は配当金が出ていません。

配当金の権利確定日は2月末と8月末。
配当金が出る場合、入金時期はそれぞれ5月と11月になります。

はいとのアイコン画像はいと

無配が続いているので、ちょっと心配…。

ゆうはいのOGP画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

株主優待取得におすすめの証券会社

この記事を書いた人

長野県在住のフリーライター。子どもが生まれてから、時間の使い方やお金に対する向き合い方を考えるようになりました。節約ネタが好きなので、株式投資・株主優待にも興味津々。

このページの目次
閉じる