京阪神ビルディング(8818)の株主優待はいつ到着?QUOカード(クオカード)の詳細まとめ

京阪神ビルディングは、大阪市中央区に本社を置く、オフィスビルや場外馬券場などの建設および管理を事業としている企業です。

1948年に創業して以降、オフィスビルやデータセンタービル、そして場外馬券売場のウインズビルや商業施設・物流倉庫などを、大阪をはじめとする近畿圏を中心に展開していますよ。

このページでは、そんな京阪神ビルディングの株主優待について詳しく説明していきますね。

京阪神ビルディング(8818)の株主優待

このページの目次

京阪神ビルディングの株主優待内容

京阪神ビルディングの株主優待は、100株以上の株を保有するともらうことができますよ。保有株数や保有期間によって内容が異なるので、まずは一覧にしてみました。

京阪神ビルディングの株主優待詳細
保有株数 優待内容 継続保有2年未満 継続保有2年以上
100株以上 QUOカード(クオカード) 500円相当 1,000円相当
1,000株以上 2,500円相当 3,500円相当
5,000株以上 5,000円相当 8,000円相当

100株以上の保有で、500円相当のQUOカード(クオカード)がもらえますよ。さらに同じ100株以上を2年以上継続して保有すると、倍の1,000円相当のクオカードがもらえるようになります。

クオカードには有効期限がなく、全国のコンビニや書店、ドラッグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドといった様々なお店で利用することができます。

お買い物をする機会の多い主婦の方をはじめ、男女や年齢層に関係なくおすすめできる優待ですね。記念品やプレゼントとしても最適ですよ。

そんなクオカードの加盟店一覧と使い方については、こちらのページをぜひ参考にしてください。

[ilink id=”7404,7502″ eyec=”1,1″ midashi=”クオカードのお得な使い方”]

クオカードを使わないのなら、プレゼントや買取を検討しよう

クオカードを自分で使うことがあまりなければ、誰かにプレゼントしてあげるとよろこばれるでしょう。

それか、少しでも現金化したいのであれば、金券ショップに持ち込んで買い取ってもらうのもひとつの手段です。ヤフオク・ラクマで売る方法もありますね。

自分で売るのが面倒だったりよくわからないという場合は、ブックサプライ買取王子などの宅配買取サービスを使うのもおすすめですよ。

京阪神ビルディングの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は6月ごろになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株主優待と配当金のサイト「ゆうはい」の管理人です。2011年から株主優待にハマり、今まで数百回は優待をもらったと思います。2019年からは配当金生活を夢見てコツコツと株式投資も始めました。
株式会社ONWA代表。節約ブログ「ノマド的節約術」も運営。

このページの目次
閉じる